学習教材

授業を担任する教員が作成するのだから、学習者から考えがあったり、万が一使い勝手が悪かったりすれば、直ちにに学ぶ材(教材)に改良を加える事もできるである。

反面、汎用性がなかったり、十分に校閲できていない場合もある。

一方、教員が製作する学習材(教材)は、教員が目の前にしている学習者のために作成する。

出版社などが作成する学習材(教材)は、副教材などとも呼ばれ、対象としている多くの勉強者のために作成するものであり、学ぶ内容全体を網羅したもの、すなわち広く俗に使用可能なものが多い。

反面、使用する教員や習得者によっては利用しにくいケースもあり、学習材(教材)に間違いや不具合を発見しても、その場で手直しできないなどの欠点もある。

また多くの目で校閲するので仕上げ度が高い。

教員が授業を行う上で学習材(教材)は、必須のものであり、授業支度とは学習材(教材)の準備といっても過言ではない。

授業内容にあわせて作成でき、対象となる学習集団が不得手としている習得内容に焦点を絞る、対象となる学習者によって内容を微妙に変えるなど、そのニーズに応じた学ぶ材(教材)にする事が可能な。

学ぶ材(教材)は、習得者の学習を援助するために作られるものであり、学ぶのために役立たなければならない。

また、「手作りの学習材のほうが、教員の真剣さが習得者に伝わる」という意見もある。

教科書(教科用図書)は言うまでもなく、資料集、宿題に課すプリントなど、多様な学習材(教材)が多くの出版社において作成されているが、授業に使用する勉強材(教材)のほとんどは、授業を担任する教員が自ら考え製造したものである。

宮内庁 雅楽 DVD